カテゴリー「読書感想」の記事

2012年1月24日 (火)

清水明著「新版量子論の基礎」を読んで

 とにかくスゴイというか言いようがない。最初から混合状態とか純粋状態とかヒルベルト空間などの用語が出てくることから初心者向きの本ではない。ところが東大では1年のうちからやるそうで、これだけ見てもやはりトップの大学は違うと思う。さて、じぶんのように何十年もわだかまりのように腑に落ちないところを持っていると29ページから30ページを読んで大きな衝撃をうけた。引用してみると

===引用(太字またはカッコはブログ管理人)==========

「どうしてその要請をとらねばならないのか?」という問いかけの答えは「そうすると自然現象をうまく記述できるから」としか答えようがない

中略

そうであれば{P(a)}(確率分布)が具体的に求まりさえすれば、「状態」や「物理量」には、理論にしか存在しないような、抽象的な量を割り当ててもいっこうに構わないのではないか?

中略

日常言語、日本語や英語では日常経験を越えるような広い範囲の自然現象はうまく記述できないのは、考えてみればあたりまえである。自然を記述するのには、日常言語よりもヒルベルト空間論の方が適していた、ただそれだけのことである

=======================

 量子力学やり出すといきなり複素数が出てくるが著者によると上に書いてある通りなのである。長年持ち続けた疑問もバッサリと切って捨てるところは痛快といいようがなく、笑うしかありませんでした。

何年か前だったか「ギター侍」(波田陽区)が一時期ブレークしたことを記憶していますか。そんな感じ。この本は明快であり、言い切っている。自分にとっては鮮烈な印象でした。

ただこの説明を自分自身が言うのはやれないと思う。これは力量の問題。つまり地頭+学力+若さという勢い、いまの自分にはそれがないことは明らか。いまのところ量子力学をやれるだけの度量を持ち合わせてないことだけが分かった。

リンク

雑談コーナー

無料ブログはココログ