コメント1

気楽にカキコして下さい。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564370/53252305

この記事へのトラックバック一覧です: コメント1:

コメント

>今日、気がついたのですが、ぶろぐ村、登録されてましたね。
ハイ登録しました。記事ごとに貼り付けるのはどうかと思いまして、リンクは貼ったいますが、すこし控えめにやっています。

すいません。
これからは、記事に関係ないことは、こちらに書きます。
以前のコメントは、記事の邪魔と思いますので、削除して結構です。

RTの仕方を知らないので、ここに書きます。
>哲学系の人の「量子的実在」はなんなのか質問したけど明瞭にならなかった
哲学は、全然わからんけど、論理展開として、AとBの2つしかない場合、
「Aでなかったら、Bである」
とするんじゃないでしょうか?
この論理では、「Aでなかったら、AとBの重ね合わせのAでない部分 である」
は、出てこないでしょう。
具体的に言えば、
二重スリットの実験で、粒子がスクリーンに到達した時、
Aのスリットを通らなかったら、Bを通った とは言えません。
(「Aを通った」と「Bを通った」の重ね合わせにおいて、「Aを通らなかった」ということ)
僕が思うには、
実在は、「ある」か「ない」かの1Bitが基本で、測定器から出てくる値も、何Bitかで
表すことができます。
これに対し、「重ね合わせ」は、Qbit で、これをどう組み合わせても、Bitにはなりません。
つまり、量子的存在は、実在でない ということです。
しかし、QbitをBitにすることは、簡単で、それは「切り捨て」操作です。
この「切り捨て操作」が「射影仮説」と、僕は考えます。
射影仮説によって、量子的存在が、やっと実在になるわけです。

射影仮説については、前に紹介した「新版 量子論の基礎」に、わかりやすく書いてあります。

哲学系の人は解釈の問題に関心あるみたいですね。
http://twitter.com/#!/kouheimorita/status/141144062412587009
量子力学に関する事柄ならもうすこしファインマン物理学読んだ方がいいと思う。エーテル?もう捨てられた概念ですから。

英文で書かれても英語はわかりません。翻訳みても意味不明。申し訳ないけど削除しました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

リンク

雑談コーナー

無料ブログはココログ