« 50代後半の好きな曲は | トップページ | シュテルン=ゲルラッハ実験の素朴な疑問 »

2012年3月 1日 (木)

静磁場の自己力

目標は加速運動でどうなるかが関心…

電流が作る磁場の自己力はローレンツ力と磁場はビオサバールの法則を使う。やり方は静電場のやり方と同じだろう。

電流も広がった状態なので単位面積あたり通過する電流密度

(x,y,z)≡(r) とします。すると

磁束密度は

を上の式に入れると

この式はr'で計算した後rで計算しても順序を変えても計算値は変わらない。しかしr'とrを入れ替えると符号が変わる。このことは電流にかかる力が 有限値だとすると矛盾するのでFは0でなくてはいけない。静磁場の場合は自己力は0になるので考えなくてもよろしいということになる。

« 50代後半の好きな曲は | トップページ | シュテルン=ゲルラッハ実験の素朴な疑問 »

電磁気学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564370/53754237

この記事へのトラックバック一覧です: 静磁場の自己力:

« 50代後半の好きな曲は | トップページ | シュテルン=ゲルラッハ実験の素朴な疑問 »

リンク

雑談コーナー

無料ブログはココログ